通販でも買えるバイアグラ!効果期間や消費期限はいつまで?

女性と薬

近年、若い人にも増えてきている病気「ED」。

EDになると、パートナーとの楽しい夜も、辛いものになってしまいます。そこで、ED治療薬であるバイアグラを買い求める人は多くいます。

そのなかで、バイアグラの効果がどれだけ続くのか、消費期限はいつまで持つのか、家に届くまで何日かかるのかなどの情報を知りたい人もいるでしょう。

せっかく使うなら、バイアグラの効果を存分に発揮できるよう、ある程度知識を蓄えておきたいですよね。

今回は、バイアグラの効果期間、消費期限、届くまでの期間について解説していきます。

 

通販で買えるバイアグラの効果期間

バイアグラを飲んでからどれだけ効果が持続するかを知らなければ、効果的にEDを改善できない可能性があります。

まずは、バイアグラの効果期間に関する情報を見ていきましょう。

 

バイアグラの効果期間は3~5時間

バイアグラの効果期間は、3~5時間持続するとされています。公表データを見てみると、半減期が3.23~3.31時間であり、25,50,100及び150mgにおいてほぼ同じ傾向だったようです。

半減期とは、薬の血液の中の濃度が最大の濃度の半分になる時間のことで、薬の効果時間と考えられる場合がほとんどです。よって、この半減期が3.23~3.31時間というデータは、飲んでから3時間強で効果が弱まってくる場合が多いということを意味します。ただし、完全に効果がなくなるのは5時間~6時間と言われているので、効果期間は平均3~5時間となります。ただ、バイアグラの効果を最大限に活かすなら、3時間経つ前に性交渉を終わらせる必要があるでしょう。

 

バイアグラの効果は出るまで30分~1時間かかる

バイアグラの効果は、服用してから30分~1時間経つまで出てきません。つまり、性交渉の直前に飲んでも、充分に効果を発揮できない可能性があります。もし、性交渉をする時間が決まっているなら、30分~1時間前に服用しておくといいでしょう。

また、人によっては1時間以上かかる場合があるので、あらかじめ飲んでみて、効果が表れるまでの期間を計っておきましょう。

 

バイアグラの効果期間を伸ばす飲み方

バイアグラの効果期間を長くする飲み方は、食事を少し取ってから飲むことです。これにより、吸収が遅くなり、効果期間を伸ばすことができます。

ただし、バイアグラは空腹時に飲むよう勧められている薬です。この方法を使用すれば、効果期間は長くなっても、本来のパワーが発揮できなくなる可能性があります。

効果期間を伸ばしつつ、効果も維持するために、量を増やす方法がありますが、バイアグラの副作用が強く出てしまうため、大変危険です。

「本来の効果は出なくてもいいから、効果期間を伸ばしたい」という人は、ぜひ試してみてください。

 

バイアグラの効果期間が短くなる飲み方

バイアグラには、効果期間が短くなる飲み方も存在します。それは、アルコールを飲んでからバイアグラを飲む場合です。アルコールによって、脳から陰茎への神経の伝達が悪くなるため、効果が短くなります。

また、効果が短くなるだけでなく、バイアグラの副作用が起きやすくなります。アルコールを摂取すると、脈拍が上がり、血液の循環が早くなります。その結果、バイアグラの成分が急激に体中を巡り、副作用の発生に繋がります。そのため、バイアグラを飲むときは、アルコールの摂取は避けたほうがいいでしょう。

 

通販で買えるバイアグラの消費期限

バイアグラ

バイアグラは、医薬品であるため、消費期限があります。消費期限は、開封前と開封後で若干変わってきます。

ここからは、バイアグラの開封前と開封後の消費期限を見ていきましょう。

 

開封前の消費期限

バイアグラには、他の薬剤と同じく、消費期限があります。未開封の場合は、約4年の消費期限となっています。比較的長い期間ですが、通販で買った場合、必ずしも作られたばかりのバイアグラが届くではありません。つまり、消費期限が4年ではない場合もあるということです。

そこで、消費期限を自身で確認する必要があります。確認する場合、消費期限が記載されている場所が二か所あるので見てみましょう。

一つは、バイアグラが入っている箱の側面です。もう一つは、PTPシート(press through packシート)の上部、に記載されています。PTPシートとは、バイアグラの錠剤を透明なプラスチックとアルミで挟んだシート状の包装のことです。

「EXP 年. 月」という記載がされています。2018年11月が消費期限の場合は、「EXP 18.11」となります。通販で1粒ずつ注文することも可能ですが、消費期限を知りたい場合は10錠のシートで買ったほうが確実に確認できます。

 

開封後の消費期限

バイアグラをPTPシートで持ち歩くのが面倒で、取り出してから別のケースに収納している人は多くいます。最近は、ピルケースが普及しているので、ケースで持ち歩くのも珍しくないと言えます。

そこで気になるのが、開封後の消費期限です。

食品の場合、開封したらすぐ賞味期限が無くなるため、速やかに使用または食べるように推奨する記載がされています。バイアグラの場合、開封してからピルケースなどに入れてしまっても、高温多湿や直射日光が当たる場所で保存していなければ、1年近く期限が持ちます。ただし、いつ開封したのかわからなくなってしまうので、メモを入れておくなど管理をきちんと行いましょう。

 

通販で購入するときのお届け期間

ダンボール,女性

オオサカ堂、ベストケンコー、アイドラッグストア、薬エクスプレスなど、バイアグラが購入できるサイトは多くあります。サイトは日本語に対応しており、あたかも日本のサイトに見えますが、実際に運営されているのは、中国などの海外です。つまり、日本語のバイアグラ通販サイトで購入をしても、発送は海外になります。

近年。物流の発達により、あらゆるものが短期間で手元に届くようになりましたが、国を挟んだ取引となると、税関などのさまざまな機関や施設を経て届くので、早くても4~5日程度かかります。そのため、最低1週間は余裕を持って注文する必要があるでしょう。

2日程度で届くと言っているサイトもありますが、適切な流通経路を経ていない場合が多いので、大変危険です。

もし、緊急でバイアグラを必要とするなら、最寄りのクリニックで買い求めるほうがいいでしょう。

 

まとめ

 

バイアグラの効果期間は3~5時間とされており、効果が表れるまで約1時間かかるとされています。また、効果期間を伸ばす飲み方や短くしてしまう飲み方があることも覚えておきましょう。

消費期限は、開封前なら4年、開封後なら1年となります。

通販でバイアグラを買った場合、届くまでにかかる期間は、4日~2週間となります。すぐに買いたい場合は、近くのクリニックでお買い求めください。

今回の記事を機に、効果的にバイアグラを飲み、パートナーとの夜をより楽しいものにしましょう。