バイアグラには偽物がある?偽物を服用しないためには?

バイアグラ

EDに悩む男性は年々増えており今では若年層でもEDに悩む男性がいます。

そのためインターネット通販でバイアグラを購入している男性は少なくありません。

しかしインターネットの通販の中には偽物を販売している通販もあり、損をするだけでなく健康被害に遭ってしまうこともあります。

そのため、本物と偽物を服用する前に見極めなければなりません。

そこで今回はインターネット通販にてED治療薬の本物と偽物の区別をご紹介します。

 

通販で買えるバイアグラは偽物?

ED治療薬として非常に認知度の高いものといえばバイアグラです。

しかしこのネームバリューゆえに偽物が多く流通していることに注意してください。

また偽物が多く流通いる原因に、外国産バイアグラの需要の高さが挙げられます。

日本で許可されているバイアグラは1錠あたり25~50㎎までと定められていますが、海外では1錠あたり100㎎までのものが許可されています。

その外国産のバイアグラが簡単に個人で輸入できてしまうため、簡単に個人運営の通販サイトに偽物が混ざってしまうのです。

実際に2016年に行われたED治療薬を製造・販売している 4 社の合同調査によると、通販サイトで販売されるバイアグラの約4割が偽物だったという調査結果が出ています。

(参照:バイエル薬品株式会社|偽造 ED 治療薬 4 社合同調査結果

手軽に安くバイアグラを手に入れるにはインターネット通販ということが当たり前になっていますが、偽物を掴まされてしまうリスクがあることも覚えておきましょう。

 

偽物を飲んでしまうとどうなるの?

落ち込む男性

現在流通している偽物のバイアグラにはさまざまなのもがあります。

  • 効果がない
  • 効果が薄い
  • 効果が強すぎる
  • 粗悪品
  • そもそも違う薬物

この中でも効果が薄い、効果がないといったことであれば、まだ問題は軽いものです。

 

効果が強すぎるバイアグラ

効果が強すぎたバイアグラを服用した場合、身体に悪影響が出てしまう恐れがあります。

そもそもバイアグラの仕組みは血管を広げ、血圧を下げるといったもののため、効果が強すぎると、副作用で身体に障害が残ってしまうこともあるのです。

実際に過剰摂取のため失明や、冠状動脈障害の後遺症の報告がありますので強すぎても良くないことを覚えておきましょう。

 

粗悪なバイアグラ

海外で製造される偽物は製造環境がひどいこともあり、狭いアパートの一室や屋外など不純物の混入は避けられない粗悪なものが製造されていることがあります。

実際にあったケースでは、青く見せるために青いペンキを混ぜていたものや、レンガを削ったものなどが確認されています。

このような粗悪品の場合、健康被害はまったく考慮されていないため、どのような効果と副作用があるのか、ものによって変わってきます。

しかしどれをとっても身体のへの負担は避けられないでしょう。

 

そもそも違う薬物

海外の一例では、バイアグラを購入した男性が薬物所持で逮捕されてしまったケースがあります。

その国で違法薬物指定されている薬品で作られたバイアグラ購入した男性は、知らずのうちに犯罪に手を染めてしまったのです。

日本においても、このケースは起こりうるもので、知らなかったでは済まない問題です。

 

 

 

偽物である偽造バイアグラは世界60ヶ国で製造されているといわれています。

このような偽物は絶対に摂取したくないですよね。

シンガポールではバイアグラの偽物を使用したことによる死亡例も確認されています。

日本国内でも偽物を使用して、意識不明で救急車に運ばれた例もあり、被害は身近にあることを忘れないでください。

 

 

 

通販でバイアグラを購入するなら偽物と本物の違いを理解しよう

 

ハート

バイアグラの偽物と本物の違いは当然ですが使われている成分にあります。

またジェネリック医薬品や使用期限の問題もあり、安いものは全て偽物といったことではないことも覚えておきましょう。

 

安全な通販サイトの見極め方

使用されている成分は購入前に確認することができます。

安全な通販サイトでは「成分鑑定書」が記載されており、使われている成分が第三者によって証明されています。

「成分鑑定書」が記載されている通販サイトはある程度安心して利用して問題ないでしょう。

 

また通販サイトでは「特定商取引法に基づく表記」の確認も忘れずに行いましょう。

日本のネットショップでは「特定商取引法に基づく表記」が義務付けられています。

しかし簡単に個人輸入できてしまうバイアグラではこの義務を果たさず、悪質な販売を行っている通販も存在していますので注意が必要です

更に心配な方は

以上2点を確認することで比較的安全に購入できますが、更に安全に購入したい方は国内の正規ルートで入手することをお勧めします。

医師の診察を受け、処方されるバイアグラは最も安全といえるでしょう。

しかしデメリットとして、1回の診察で処方される量は決まっており、また必要となった際は、再診を受ける必要があります。

診察代など費用は通販で購入するよりもがかかりますが、安全を保証された価格だとご理解ください。

 

また、完璧ではありませんが、バイアグラを水に溶かして溶ける時間で見極めることもできます

日本ファイザーの提供している純正のバイアグラであれば、水に入れて溶け出すまで2分~3分ほどの時間がかかりますが、偽物のバイアグラの場合1分ほどで溶け始めます。

自分の手で確認したいという方はこの方法を試してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

現在数多くのバイアグラの通販サイトが運営されています。

しかしその中で偽物を販売している通販サイトも多くあるのが現状です。

利用する際はしっかりと確認して安全なものを利用するよう心掛けましょう。